ヘアカタログ内の言葉



ヘアカタログで使われている言葉の意味を紹介をします。

『髪型』とは、頭から生えている毛を使って作るスタイルのことを言います。
長くしたり、カットで同じ長さに揃えたり、セットなどで編む等、手を加えて作られるものはすべて髪型です。
スキンヘッドのスタイルも髪形のバリエーションになります。

よく耳にする『三つ編』は、明治時代以降から女学生の髪型として流行しました。
当時、生徒の髪型として三つ編みを指定していた学校もあったほどです。
現代でもその伝統を引き継いでいる学校があります。
レトロで素敵ですね。

ヘアカタログ内の言葉で、着物のヘアカタログなどに髪に関する言葉が載っていることがあります。
『髷、日本髪、島田髷、大銀杏、投げ島田、高島田、丸髷』
この言葉は、主に着物のヘアスタイル、昔のヘアスタイルによく使われる言葉です。

カット、セットの種類について書かれている用語があります。
『モヒカン刈り』とは、バリカンで形を作る、中央に毛束を残すスタイルです。
『リーゼント』とは、髪をしっかりかためてバックに流すスタイルです。
『姫カット』とは、サイドの髪を整えてばっさり切るスタイルを言います。
『ストレートヘア』とは、うねりがないまっすぐな髪を表します。
他に『マレット、シニヨン、シニヨン、束髪、アシンメトリー 』などもあります。

次に、長さや現代の用語を表す用語は、『ロングヘア、超ロングヘア、ロングヘア、ポニーテール、セミロング、セミショート、ショートヘア、ボブ、丸刈り、ミディアム』などがあります。

また、パーマやスタイルの分類の言葉では、『ストレートヘア、ウェーブヘア、スパイラルヘア、ナチュラルストレートヘア』などがあります。

ヘアカタログの中の言葉で毛の質を表した言葉には、『普通毛、ネコっ毛、剛毛』などがあります。

他に最近よく見る言葉には、
『スキャルプ』(毛穴の汚れをおとす技術)
『ヘッドスパ』(専用のクリームなどで癒され、頭皮のパックなどもできる)
『エクステ』(毛束をつけてスタイルを作る)
などがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。