冬のヘアカタログ



冬のヘアカタログに共通する点は、暖かさです。
夏に比べると軽いスタイルはほとんどなくなっていますね。

冬はコート、マフラーなどで首元が隠れるので、冬のファッションにもよく似合う髪形が流行ります。
またクリスマスなどのパーティや行事も多くある季節なので、パーティヘアーのアレンジも記載されることが多いでしょう。
乾燥の季節から髪を守ってくれるコツや、スタイリング剤の紹介なども詳しく書かれていて役立ちます。


冬のヘアカタログでわかること。

カラーは思いっきり暖かみの感じられる色に変わります。
バイオレット、チェリーなどの色も多くなります。
色のトーンは6〜8であまり明るい色にする人は少なくなるのが特徴です。

パーマも暖かみのあるカールになります。
ふわふわしているスタイルで、冬の寒さをカバーしてくれそうなそんなスタイルが流行ります。
ショートスタイルでもパーマをかけたり、重めのスタイルが多くなります。
ミディアムスタイルはボブ、グラデーション、レイヤースタイルになりますが、あまり軽さを強調するスタイルではなく、シックにまとまりのあるスタイルが多くなります。
ロングのスタイルはストレートよりもパーマのスタイルが多いでしょう。
トップからのパーマや、毛先のパーマ、パーマにも種類がありますが、とにかくパーマスタイルがとても多くなります。

もし自分で毎年ヘアカタログを購入していたら、そのスタイルを見比べてみてください。
冬のヘアカタログは流行の違いはありますが、スタイルは変わらないことに気付くでしょう。
ただし、5年くらい年月が経つと内容はまったく違うので、気をつけてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。