秋のヘアカタログ




夏が過ぎ、いよいよおしゃれな季節、秋の到来。
秋のヘアカタログによく記載されてある共通のスタイルは、重めのスタイルです。
クラシック&トーンダウンのスタイルが流行ります。
夏に思い切り軽さをアピールしてあるので、秋はシックに重たく作るスタイルに以降します。

紫外線をたくさん浴びたダメージの毛先を少し切り、女性らしいクラシックなスタイリングを美容師さんは提案します。
カラーは黄色やアッシュの色よりもオレンジやレッド系。
温かみのある色が流行ります。
秋のファッションの色使いもシックな色になるので、ヘアカラーも自然に変わってきますよね。

ヘアカラーの色がとても明るいのに服が地味な色だと、バランスがわるくなります。
冬になったからとカラーの色を180度変えることも少ないので、秋は冬の土台、ベースを作るスタイルになることが多くなるのです。
ヘアカタログをみてもわかると思いますが、動のスタイリングから静に移行します。
秋のスタイルはロングでもショートでも、全体の軽さではなく、ポイントの軽さをだして、前髪やフェイスラインなど、ポイントで重ためにカットします。

『ショートスタイルなら』
ボリュームを押さえたストレートスタイル。
暖色カラーで個性をアピール。

『ミディアムスタイルなら』
ボリュームを出したパーマヘアとレイヤーのストレートヘア。
ブラックのポイントカラーでオシャレ度UP。

『ロングスタイルなら』
セミロングでさわやかに。
パーマをかけてボリュームを出したり、前髪のポイントでイメージチェンジ。

いろいろな発見があるのでヘアカタログを見比べてみてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。